避妊具とピルの違い、効果がある避妊薬レボノルゲストレル

一般的に用いられるピル・コンドームなど、行為の前に服用・装着が必要な避妊具とは違い、性交渉後に緊急に避妊を行う必要がある際に用いられるのがこのレボノルゲストレルです。レボノルゲストレルは、プロゲステロン薬・黄体ホルモン薬と呼ばれる一種に分類される薬です。ピルやコンドームなど避妊具を使用せず性交渉を行ったり、何らかのトラブルで避妊具が役割を果たさなかった場合など、妊娠を避ける場合に大いに役立ちます。
そもそも、レボノルゲストレルを服用することで、体内でどういった働きがあり、どういった理由で妊娠しなくなるのでしょうか。キーワードは女性ホルモンにあります。女性ホルモンを薬品として投与して、不妊治療を行ったりするように、妊娠と女性ホルモンには深い関係があります。
当然、妊娠を避けたい場合もホルモンを投与して体内女性ホルモン分泌量をコントロールすれば妊娠しないようにすることが可能です。女性ホルモンは、主にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つで構成されており、このうちプロゲステロンが生理周期において重要な働きを行う成分です。排卵が起こる直前に、黄体形成ホルモンが大量に分泌されますが、ここでレボノルゲストレルを服用することで、プロゲステロン(黄体ホルモン)が大量に体内に投与されることとなり、黄体形成ホルモンが抑えられます。つまり、これで排卵が起こらないようにするという仕組みです。
このように、避妊具を用いなかったとしても、できるだけ早く服用すれば避妊することが可能ですが、ピル・コンドームと比べやや不安定であり、また大量にホルモンを投与することになるため体調にも不調をきたしやすいです。当然ながら副作用も起こるため、普段はできるだけ通常の避妊薬・避妊具を使用するようにしましょう。