産後のレボノルゲストレル服用とおりものなどの副作用

ホルモンは妊娠のしくみのなかで重要な役割を果たしており、特に、排卵の直前の時期には黄体形成ホルモンが一度にさかんに分泌されるようになり、これをLHサージとよばれています。ところが、この時期に黄体ホルモンの濃度が高いと、LHサージが抑制され、排卵もなくなるため、妊娠をすることもなくなるのです。
このしくみを応用したものが緊急避妊薬であり、レボノルゲストレルは、黄体ホルモン剤とよばれるタイプの医薬品成分として、緊急避妊薬のピルに用いられています。レボノルゲストレルは人工的につくり出された黄体ホルモンのかわりとなる物質ですので、これを投与することによって、妊娠を防ごうという目的です。
緊急避妊薬としてのレボノルゲストレル製剤ではなく、一般的な避妊用ピルであっても、同様に緊急避妊の目的で使うことは可能です。その場合、通常よりも多くの分量をまず一気に飲み、その半日後にまた錠剤を飲むという方法になりますので、医師の指導のもとでの正しい服用がより求められるといえます。こうしたピルの場合には、吐き気、頭痛、下痢、おりものの増加などの副作用が起きることがあります。おりものの増加などの副作用がひどいときには医師への相談が望まれます。
緊急避妊に成功すると、飲んでから数日から数週間までの間に、消退出血が確認されます。これは人によって、通常の生理と同様の量だったり、濁ったおりものと区別がつかない程度の量だったりと、まちまちであるようですが、いずれにしても副作用としてのおりものなどとは別の現象です。
さらに、産後のピルの服用ですが、単に産後というだけでなく、母乳で育てている時期であれば、成分が女性の体から乳児に移行する可能性があるため、避けなければなりません。また、一般的なピルについては、産後3週目までの間は血栓症の副作用のリスクが高くなるとされていますので、こちらも注意が必要です。