本来は副作用が少ないレボノルゲストレル

レボノルゲストレルというのは、卵胞ホルモン薬と黄体ホルモン薬が配合されている避妊薬です。
排卵をおさえることにより、受精の機会をなくすという作用が期待できる薬なのです。
効き目は自然なホルモン分泌パターンに近いので、副作用が少ないという特徴があります。
基本的な副作用といえば、不正出血や吐き気、乳房の張りや痛みなどがあげられます。
個人差はありますが、むくみや息切れを感じる人もいます。
こうした副作用というのは、ホルモン環境が一時的に変化することが原因と言われています。
そのためこのホルモン環境に慣れてくると、こうした不快な症状も改善されてくるのが通常です。
レボノルゲストレルの副作用が少ないというのも、ここに関係してきます。
ホルモン環境の変化が激しいほど、不快な症状というのは強くなる傾向にあるのです。
ですがレボノルゲストレルは、自然なホルモン分泌パターンに近いものです。
そのため、こうした不快な副作用が少なくて済むというわけなのです。
しかし極稀に、血栓の病気を悪化させてしまうこともあります。
というのも、ピルには血栓を作りやすくする性質があるからなのです。
ですのでいくら副作用が少ないとはいっても、使用するには医師の診察をしっかりと受ける必要があります。
レボノルゲストレルにはこうした副作用だけではなく、プラスの副効用があるのも特徴の1つです。
例えば生理痛や生理不順の解消、卵巣ガンの予防効果も期待できるのです。
本来は避妊に用いる薬ですが、こうした副効用を期待して用いることもあります。
副作用も少なく、メリットの多い優れた薬として注目を集めているのです。
基本的には保険は利きかず、処方してもらうには医師の診察が必要となるのが通常です。
■レボノルゲストレルが配合されてるトリキュラーのお求めは通販が大変お得です!
トリキュラーを入手する方法